会社概要



未来を編もう


nimoは環境に優しいレザー、独創的なプリント、安心の機能美、革新的な織り、等をお客様にライフスタイル提案するブランドです。
東京の荒川沿い、小さな町工場からお客様の明日の喜びにつながる「心に残るもの作り」をお届けします。










  nimoの始りはレザーの鞣し、 染色や加工です。戦前から革のタンナーとして続いてきた工場ですが、
  現在はシルクスクリーン、インクジェット、型押し、アンティーク染め等、
  様々なテキスタイルを得意としています。
  工場からは腕の良い職人の手により何千というモダンな柄が生み出されてきました。
  春夏、秋冬と次々に新しいデザインが生まれています。
  社員はイタリアに何度も足を運びとても多くを学びました。
  イタリアのレザーの歴史は古く、カラーリング、仕上がりも、コンセプトもとても素晴らしいものがあります。
  出発点はイタリアからの学びですが、
  わたしたちはそこに日本の伝統工芸の技、環境に配慮した機能性を足していきます。







sanple






nimoがお客様におくるもの、それはイタリアの技術と日本の技術を 編み込んだデザインです。
デザインプロセスにおいて重要なのはデザイナーと職人が新しいアイデアを常に話し合い、チャレンジしていくことです。
町工場の強みは自由な発想からの社内製造だと、わたしたちは考えます。


















マーケットの日々の変化は著しく、価値の変化もまた著しい。
しかし、
本質的に変わらないことは「サービスはお客様のためにある、 デザインはお客様の喜びにある」ということです。
それを忘れてはいけません。 様々な社会問題、環境問題、に対して衣料品を通じて 解決策を模索していく姿勢こそが、 新しい価値観を創造するのではないかと考えています。

nimoの活動へのご理解、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。